12
CULINARY CAST

所属: 郷ゐのこ勤務


職種: カリナリー・キャスト

料理のイロハ、
ぜんぶ学べます。

キャストになったきっかけは何でしょうか?

もともとイクスピアリ・キッチン内のベーカリーでカリナリーとして働いていたのですが、閉店に伴って異動することになりまして。和食、洋食といくつか選択肢をいただいた中で、以前うどん屋さんで働いていた経験を活かせたらと思い、和食の郷ゐのこで働くことにしました。

いま任されているポジションは何ですか?

キッチンは揚げもの、串焼き、炒めものとおつまみ、お寿司でそれぞれ持ち場が分かれています。私は今のところ揚げ場にいることが多いです。たまにお寿司も握りますけど、これがなかなか難しい(笑)。郷ゐのこは素材の仕込みからキッチンで手作りするメニューも多いので、料理のイロハをきちんと勉強できますよ。

天ぷらをカラッと揚げるために、
粉の固さまでこだわっています。

仕事する上で心がけていることは何ですか?

やっぱり揚げものをきれいな色に揚げたり、盛り付けられるようにしたいですね。天ぷらとか、うまく立体的に盛り付けられるときれいですよね。いつも先輩にアドバイスしてもらいながら練習しています。天ぷらを上手に揚げるために、かなり細かいことまでこだわって調整するんです。粉を水で溶く固さの微調整だけでも仕上がりが全く変わってくるので、奥が深い

これからチャレンジしたいことは何ですか?

そうですね…つくるのも食べるのも、実はお寿司が一番好きなので(笑)、上手に握れるようになりたいです。お刺身を切るのもキッチンで行うので、いつか包丁さばきも練習したいですね。郷ゐのこは、天ぷらからお寿司まで「和の職人技」を身近で経験できるので、料理が好きな人にはたまらないと思います。

バックナンバー